運行管理者等指導講習

運行管理者等指導講習

運行管理者等指導講習は、国土交通大臣の認定を受けて開催しており、バス・ハイヤー・タクシー・トラックなど運送事業で使用する自動車の運行の安全確保のため、運行管理者等を対象に「運行管理者の実務や関係法令、安全の確保に必要な管理手法など」の講習を行い、自動車事故の防止に万全を期そうとするものです。

運行管理者とは?

運行管理者とは?

事業用自動車(緑ナンバー)の運行の管理業務を行う人で、整備管理者が車輛の管理を行い、その車を使用し、ドライバーと運行そのものを管理する立場です。
具体的には、運行指示書の作成、運行の安全を確保するための健康状態の把握及び乗務前・乗務後の点呼等を行います。運行管理の司令塔です。

運行管理者として業務を行うためには、この国家資格を取得する必要があります。
またその資格には、次の2種類があり、いずれの運送でも事業所にはこの有資格者が必須です。
(1)貨物(トラック)
(2)旅客(バス・タクシー等)

資格を取得すると…

一生有効で、更新等の書き換えはありません。全国どの地域でも有効です。
貨物運送事業も旅客事業もそれぞれの台数に応じて定められた人数の運行管理者が必要であるため、就職・転職・キャリアアップに役に立ちます。

資格を取得するには…

2つの方法があります。
①『5年以上の実務経験を有し、指定期間の運行管理に関する講習を5回以上受講し、少なくとも1回は認定の基礎講習を受講していること』(貸切バスは除く)
②『運行管理者の国家試験に合格すること』

受験するための資格は…

『国交省認定の基礎講習を受講すること』 です。

受験に関して

運行管理者資格には、『貨物』と『旅客』があり、1回につき1種目の受験です。
試験は例年、3月第1日曜日と8月第4日曜日に全国一斉に実施されます。

講習受講のご案内
基礎講習 一般講習
受講対象者 ・運行管理者試験の受験資格を得ようとする方
・運行管理者業務を行う予定(補助者)の方
・既に運行管理者として選任されている方で、前年度の運行管理者講習を受講していない方
・運行管理者に新たに選任された方
・運行管理に必要な知識を習得しようとする方
講習料金 8,700円 3,100円
※埼玉県トラック協会の会員で『依頼書』を持参の方は助成金対象です
講習時間 16時間(3日間) 5時間(1日間)
講習日程【前期】
前期 H30年4月 5月 6月 7月 8月 9月
基礎 貨物 29・30・7/1
旅客 27・28・29
一般 貨物 22 3 14
旅客 20
講習日程【後期】
後期 10月 11月 12月 H31年1月 2月 3月
基礎 貨物 16・17・18 1・2・3
旅客 14・15・16
一般 貨物 12 2 21 22
旅客 25

お申込み方法

  1. お電話にて仮予約をお取りください。
  2. ページ下部の『受講申込書』(PDFまたはWord)をご利用ください。
  3. 記入した 『受講申込書』をFAXまたは郵送にてお送りください。
  4. 申込受理後、『予約確認書』を返送いたしますので、講習当日にご持参ください。
    ※郵送での返送をご希望の方は返信用封筒に切手を貼って同封してください。

持ち物

  1. 当所より返送された『予約確認書』
  2. 本人確認書類(運転免許証…お持ちでない方は公的機関が発行した写真つきの証明書等)
  3. 運行管理者手帳(お持ちの方)
  4. 写真(6ヶ月以内撮影の無帽、無背景の正面上3分身。サイズ : 縦3cm×横2.4cm)
    ※運行管理者手帳をお持ちでない方、手帳再交付の方(再交付の場合、手数料を申し受けます)
  5. 受講料金 《 上記参照 》 お釣りのないようにご用意ください
    手帳再交付料 《 1,080円 》  手帳更新料 《 540円 》
  6. 筆記具 (ノート・蛍光ペン・電卓・付箋・インデックスラベル等あると便利です)
  7. その他
    テキストは当日配布でA4サイズ2冊のため、バッグ等必要に応じてご用意ください。
    昼食は当日注文もできますし、持参して教室内で食べることもできます。

注意事項

  • ※申込期間内であっても、定員になり次第締め切らせていただきますので、まずはお電話ください。
  • ※遅刻されますと受講できません。余裕を持ってお越しください。
  • ※途中、退席や欠席がありましても、受講料の返金はできませんのでご了承ください。
  • ※キャンセルの場合は、事前にご連絡をお願い致します。ご連絡のないキャンセルは、次回からの受講をお断りする場合がございます。

ページトップへ